人生の糧になるアルバイト 将来役立つスキルを身に付けませんか?

マニュアルを覚えるポイント

他の多くのファミレスチェーン店と比べると、デニーズのアルバイトスタッフは、とりわけ覚えることが多いことで有名です。チェーン展開しているファミリーレストランというのは、各店舗ごとに接客やメニューにばらつきを生じさせず、より統一感を持たせるために、決まり事が多いと言うところに特徴があります。個人経営の飲食店などは、それぞれの状況に柔軟に対応していく能力が求められがちであり、たとえば常連客も多かったりするのでよりコミュニケーション能力が求められたりします。一方、デニーズをはじめとしたチェーン店のファミレスは、作業内容などもマニュアル化されており、マニュアルに沿ってやってさえすれば、ミスも少なく一見やりやすいアルバイトのようにも思えますが、その分接客の仕方や品物の出し方など、マニュアル通りにやらなければいけないために、覚えることが多いわけです。一般的に、ホールスタッフとキッチンスタッフとに分けられるファミレスチェーン店では、それぞれに覚えるべきことがあります。とりわけデニーズのホールスタッフの場合では、特有の接客用語を覚えたり、お水出しやオーダー取り、オーダーを取るときに用いるハンディやメニューの中身など、独特のマニュアルがあったりするので、それを覚えなければなりません。キッチンスタッフであっても、とりわけそのお店特有の盛り付け方や調理方法があったりするので、しっかりとそのマニュアルを覚える必要があるでしょう。とはいっても、覚えられないマニュアルは存在していないので、回数をこなすごとに自然と身についてゆくものです。ここでのポイントは、デニーズに入って、最初の2~3ヶ月間は、頻繁にシフトに入ると良いでしょう。初めて覚えるマニュアルはただでさえ大変に感じるのに、日の間隔を空けてしまうともっと覚えることが困難になります。最初は週に4日以上入り、そのうち仕事を覚えたらシフトを減らしていくやり方がおすすめですよ。

No comments yet Be the first to comment